ASD知覚特性 実験参加者募集

自閉スペクトラム症(ASD: Autism Spectrum Disorder)は,従来,社会的能力の障害と説明されてきましたが,近年の当事者研究や神経科学・認知心理学研究により,その原因が感覚・運動情報の統合不全にあるとの見方が広まっています(綾屋 & 熊谷, 2008; Happé & Frith, 2006).私たちは,ASD者に見られる視覚・聴覚過敏などの感覚特性がどのような環境要因によって生じるのかを調べることで,社会性の問題の発生原理を調べています.

現在は「聴覚過敏・鈍麻」の評価実験を行なっています.実験にご協力いただける方は,下記の参加者募集にあります条件をご確認の上,指定の方法でお申し込みください.

参加者募集 大阪
参加者募集 東京

実験実施場所

情報通信研究機構 脳情報通信融合研究センター
所在地:〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-4
交通案内:大阪モノレール彩都線「阪大病院前駅」より徒歩約5分,阪急千里線「北千里駅」より徒歩20分
アクセスマップ:http://developmental-robotics.jp/contact/

東京大学 先端科学技術研究センター
所在地:〒153-8904 東京都目黒区駒場4-6-1
交通案内:小田急線/東京メトロ千代田線「代々木上原駅」より徒歩12分,小田急線「東北沢駅」より徒歩8分,京王井の頭線「駒場東大前駅」より徒歩10分,京王井の頭線「池ノ上駅」より徒歩10分
アクセスマップ:http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/home/access/index_ja.html

参考文献

  • 綾屋紗月, 熊谷晋一郎, “発達障害当事者研究―ゆっくりていねいにつながりたい,” 医学書院, 2008.
  • Francesca Happé, Uta Frith, “The Weak Coherence Account: Detail-focused Cognitive Style in Autism Spectrum Disorders,” Journal of Autism and Developmental Disorders, vol. 36, no. 1, 2006.
Scroll to top