ASD視覚体験ワークショップ

戦略的創造研究推進事業(CREST)「認知ミラーリング:認知過程の⾃⼰理解と社会的共有による発達障害者⽀援」では,研究活動の⼀環として,ASD視覚体験ワークショップを開催しています.ASD者の視覚過敏・鈍麻を再現するシミュレータの体験と,その開発経緯や視覚過敏・鈍麻を生じる神経・生理メカニズムに関する講演を通して,ASD者が抱える困難さを理解していただくことを目的としています.
ワークショップの開催形式にはショートバージョン(3時間)とロングバージョン(6時間)の2通りがあります.ワークショップの開催を希望される方は,講演依頼書に必要事項をご記入の上,メールでご連絡ください.

  • 講演依頼書:こちらからダウンロードしてください.「企画内容」欄にどちらのタイプのワークショップをご希望かも明記してください.
  • 連絡先:office [AT] developmental-robotics.jp

1. ショートバージョン(3時間)

プログラム
0:00-0:30 準備
0:30-1:30 長井志江主任研究員による講演(質疑応答含む)
講演題目「自閉スペクトラム症の視覚世界を体験 〜なぜ対人コミュニケーションが難しいのかを考える〜」
1:30-2:30 ASD視覚体験シミュレータ体験 & アンケート
(参加者数に応じて所要時間は変動,シミュレータ体験の対象年齢は13歳以上)
2:30-3:00 撤収
参加可能人数 50-200名(最低人数50名を確保して下さい)
派遣スタッフ人数 2名
使用機器 USBカメラ型ASD視覚体験シミュレータ 2台
(会場の様子をリアルタイムでASD者の視覚世界に変換)
主催者様にご準備
いただくもの
* 会場の手配
* プロジェクタ 2台(講演用 1台,シミュレータ用 1台)
* プロジェクタ投影用スクリーン 2台
* シミュレータ設置用長机 2台
* マイク(講演用 1本,質疑応答用 1-2本)
(プロジェクタ及びスクリーンが1台ずつしかご準備できない場合は応相談)
費用 * 会場やプロジェクタなどの使用料
* スタッフ2名の交通費・謝金(応相談)

2. ロングバージョン(6時間)

プログラム
0:00-1:00 準備
1:00-1:05 導入挨拶
1:05-1:15 事前アンケート
1:15-2:10 長井志江主任研究員による講演(質疑応答含む)
講演題目「自閉スペクトラム症の視覚世界を体験 〜なぜ対人コミュニケーションが難しいのかを考える〜」
2:10-3:10 ASD視覚体験シミュレータ体験
(参加者数に応じて所要時間は変動,シミュレータ体験の対象年齢は13歳以上)
3:10-3:30 ASD当事者の語り映像
3:30-3:50 休憩
3:50-5:00 座談会
5:00-5:15 事後アンケート
5:15-5:20 終了挨拶
5:20-6:00 撤収
参加可能人数 50-100名(最低人数50名を確保して下さい)
派遣スタッフ人数 約10名
使用機器 スマホ型ASD視覚体験シミュレータ 20台
(あらかじめ撮影した映像3種とそれに対応するASD者の視覚世界を再現)
主催者様にご準備
いただくもの
* 会場の手配
* プロジェクタ 1台
* プロジェクタ投影用スクリーン 1台
* シミュレータ準備用長机 2台
* マイク(講演用 1本,質疑応答用 1-2本)
費用 * 会場やプロジェクタなどの使用料
* スタッフ約10名の交通費・謝金(応相談)

参考映像

1:13からASD視覚体験シミュレータとワークショップの様子をご覧いただけます.

戦略的創造研究推進事業(CREST)「認知ミラーリング:認知過程の⾃⼰理解と社会的共有による発達障害者⽀援」参加メンバー

  • 情報通信研究機構脳情報通信融合研究センター・主任研究員 ⻑井志江
  • 東京⼤学先端科学技術研究センター・准教授 熊⾕晋⼀郎
  • 国⽴精神・神経医療研究センター神経研究所・室⻑ ⼭下祐⼀
  • (株)LITALICO
Scroll to top