ムーンショット「自在ホンヤク機」

ムーンショット型研究開発事業「多様なこころを脳と身体性機能に基づいてつなぐ「自在ホンヤク機」の開発」
(研究代表者:筒井健一郎,研究期間:2022年9月−2027年3月)

さまざまな場面でコミュニケーションを支援する「自在ホンヤク機」を開発し,多様な人々を包摂する社会をもたらします.神経科学・分子生命科学と,VR/AR・ロボット工学の分野の研究者が協力して,こころの状態を定量化する技術を研究するとともに,知覚・認知や運動機能への介入法を研究します.これらの成果を融合して開発する「自在ホンヤク機」は,個人,個人間,あるいは,数人から数十人程度の小グループを対象としてコミュニケーション支援を行います.

メンバー

  • 筒井 健一郎(東北大学大学院生命科学研究科 教授)
  • 佐々⽊ 拓哉(東北⼤学⼤学院薬学研究科 教授)
  • 北城 圭⼀(生理学研究所システム脳科学研究領域 教授)
  • 星野 歩⼦(東京⼯業⼤学⽣命理⼯学院 准教授)
  • 正古 悠⼀(東京⼯業⼤学⽣命理⼯学院 研究員)
  • 稲⾒ 昌彦(東京⼤学先端科学技術研究センター 教授)
  • ⿑藤 寛⼈(東京⼤学先端科学技術研究センター 特任研究員)
  • 長井 志江(東京大学ニューロインテリジェンス国際研究機構 特任教授)
  • 保前 ⽂⾼(東京都⽴⼤学⼈⽂社会学部 教授)
  • 熊⾕ 晋⼀郎(東京⼤学先端科学技術研究センター 准教授)
  • 中村 元昭(昭和⼤学発達障害医療研究所 副所⻑(准教授))
  • ⼤隅 典⼦(東北⼤学⼤学院医学系研究科 教授)
  • 原 塑(東北⼤学⼤学院⽂学研究科 准教授)

リンク

Scroll to top